長瀞町の玉泉寺にて累宝塔が完成しました。

亡き母のためにお墓を作られたとても素晴らしいお嬢さんです。

墓地の面積が広いので、なるべく費用が掛からないような設計をさせていただきました。

お施主様もこれからご結婚もするので、この墓地をずーと利用できるようなお墓を作りたいという

ご要望でした。

基礎工事です。これから生コンクリート打設を行います。

塔婆立ての据え付け工事です。柱と笠は凹凸加工でずれの防止を行います。

草が生えないように石張りの施工をしました。これで管理が大分楽になります。

これは本体の中に入れる仏心石です。

真言宗ですので、梵字の(ア)を彫刻をし、金箔の施工を行いました。

竿石の中に収めた状態です。

カロート内部のようすです。

棚板の上にお骨を置くことができます。

お墓の完成となります。

正面には南無大師遍照金剛と刻んであります。

中に戒名が彫刻されているので。風雨からも守ることができます。

階段も付けることなくフラットにお参りできるようなお墓が出来上がりました。

お施主さんも大変喜んでくださいました。