今回はホームページからのお問い合わせのお客様

からのご依頼された墓石工事です。

外溝工事・カロート工事はすでにブロックで完成している

墓地です。

そこに石塔と墓誌・塔婆立て・灯篭の設置工事となります。

こちらはお施主様のご要望にお応えした墓石工事が完了した状態です。

ご要望はあまり大きくなく、上下蓮華が加工されている和型の石塔がご希望でした。

塔婆立てを設置るるにあたり、傾かないように栗石の施工を行い、てんあつをしました。

塔婆立ての台座の施工の様子です。両サイドの穴は凸加工された柱を設置するための凹の穴となります。

塔婆立ての柱の施工です。笠と柱も凹凸加工を行い、ずれ防止をします。

こちらは灯篭の設置する場所に栗石の施工を行います。

塔婆立てと同様灯篭が傾かないようにします。

石塔の中台の施工です。免震ゲルを標準施工としています。これは接着剤との併用により

地震からの倒壊を防ぐよう免震施工を行っています。

上台と中台の施工が終わり、蓮華と上台の免震施工を行います。

蓮華と竿の免震ゲル施工となります。

石塔の完成となります。

免震ゲルを施工していても、地震で倒れない保証はありませんが、何の

対策もしていない施工よりお施主様にはご安心をいただけるものと

考えております。

灯篭の設置も完了し、工事が完成しました。

お施主様にも大変喜んでいただきました。ありがとうございました。

お墓ができてからが本当のお付き合いが始まります。

今後ともよろしくお願いします。