ホームページからのお問い合わせのお客様です。

秩父郡皆野町でお墓の基礎にひびが入り

後ろの部分が下がってしまったので、解体し

新たに基礎を打ち直し、外柵も一部新しいものにしました。

修理目のお墓となります。

後ろ側と横側の下回りはコンクリートできていたので、今回御影石に

変更しました。

改修後のお墓となります。

管理が楽なように外柵内は石張り施工お施工を行いました

また、カロートも御影石を使用した石室に変えました。

基礎工事の様子です。コンクリート打設前の様子です。

鉄筋は13㎜を使用しています。

基礎工事が完成したところです。

これから石の据え付け工事を行います。

前の外柵に使用していた御影石はすべて使うような設計をさせていただきました。

前の外柵の御影石は内側が割り肌だったので、アンカーボルト施工のため

切削をさせていただきました。

外柵の施工とカロート(石室)の施工が完了しました

石と石のつなぎ目はすべてアンカーボルトの施工がなされています。

カロート内部の様子です。

以前とっておいた土をカロートに戻します。

外柵内側は石張りの施工を行いました。

墓石は据え付け直しをするので、今回は

耐震ゲルによる施工を行いました。これは特許の免震施工となります。

完成した状態です。古い外柵財も砥石で少し研磨したらきれいになりました。

すっきりとしたお墓になりました。

お施主様も大変喜んでくださいました。

ありがとうございました。