比企郡滑川町の成安寺様にて新たに墓石の建立と

外柵工事が完成しました。

お施主様のご希望で外柵、墓石を同じ石で

作成してほしいとのご要望もあり、インド産の

アーバングレーという石をで作成させていただきました。

お墓はシンプルでかつ掃除がしやすい設計をさせていただきました。

完成した全体の様子です。

外柵工事中です。石と石のつなぎ目にはアンカーボルトの施工を行っています。

これをすることにより、石のずれ防止を防ぐことができます。

基礎はべた基礎工法です。約30センチのコンクリートを打設してあります。

鉄筋は13㎜を使用しています。

石張りと羽目の施工が完成しました。

最近は草防止のため多くの方が、石張りの施工を希望します。

カロート(石棺)内部の様子です。

カロートは同じ御影石のインド産アーバングレーで作成してあります。

お骨はこの棚の上に安置します。

カロート内部の下は土になっているので、骨壺からあけて土に返すこともできます。

免震ゲルを使用した施工を行っています。

泰震ゲルを使用使用しています。地震の揺れの軽減を図ります。

新規墓石には標準施工を行っています。

墓石には梵字を彫刻し、仏菩薩を迎えることにより美しい墓と

生まれ変わります。○○家之墓が梵字を彫刻することにより

モニュメントから仏塔にかわり大変ありがたい姿になります。

梵字に金箔を施工することにより、荘厳になります。

今回は銅板を使用した花立をつけさせていただきました。

これは夏化の発生を防ぐために、有効なことだとされているからです。

お施主様にも大変喜んでいただきました。

銅の花立でなくても10円でも代用できるので、

一度試してみてはいかがでしょう?

この石は吸水性も低く、長きにわたって安心できる素材です。

ありがとうございました。